【中富良野】宇文小3、4年生の計4人が10日、総合的な学習の時間に町内の北星山ラベンダー園でラベンダーを摘み取った。同園は例年なら繁忙期だが、新型コロナウイルス感染防止のため観光客向け事業を中止し入園者が減少。町民にラベンダーに親しんでもらおうと、なかふらの観光協会が子どもたちを招いた。

 同園は町内の人気観光地の一つだが、今季は観光リフトを運休し、一般向けのラベンダー摘み取り体験も中止した。一方、町内の小中学校では授業でラベンダーの摘み取りを行ったことがなかった。「将来を担う子どもたちに地元の魅力を知ってもらおう」と、観光協会が町教委に呼びかけて体験が実現。既に中富良野中バレー部と西中小5、6年生が摘み取りをした。