元国鉄機関士の男性が撮影した鉄道写真を集めた企画展「道東の鉄路〜国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録〜」が11日、釧路市立博物館で始まった。鉄道とまちの景観を切り取った写真や資料約230点が並び、初日から多くの市民や鉄道ファンが足を運んだ。

 国鉄勤務の傍ら鉄道写真を撮影していた市内在住の酒井豊隆さんが今年3月、博物館に写真約1100枚を寄贈。その公開の場として博物館が主催した。