【道スポ】輝星、プロ最短1回0/3の3失点KO 今季1軍成績1勝3敗

【道スポ】輝星、プロ最短1回0/3の3失点KO 今季1軍成績1勝3敗

 プロ4度目の1軍登板は、自己最短の1回0/3で幕を閉じた。先発を任された吉田輝は、立ち上がりからロッテ打線に捕まり3失点。「CSが懸かっていて負ければ(可能性が)ゼロになる試合。ブルペンは良かったんですけど、試合に入りきれなかった」と初めて経験する重圧に苦しんだ。

 一回、前回対戦時に2被弾を食らった1番・荻野を四球で歩かせると、その後も安打と四球でいきなり無死満塁のピンチを招く。井上を空振り三振に斬り1死奪うも、続く角中には143キロ直球を左前に運ばれ先制点を献上。2死からは中村奨に投じた107キロのカーブがすっぽ抜け、頭部への押し出し死球を与えた。

 二回の先頭・藤岡に中前打を許したところで降板。制球が定まらず3敗目を喫し「期待通りの投球ができず、悔しい気持ちしかありません」と唇を噛んだ。<道新スポーツ9月23日掲載>


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北海道新聞の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索