日本ハムは12日、昨季までヤクルトでプレーした元日本ハムの大引啓次氏(35)を業務提携先の米大リーグ・レンジャーズに特別研修コーチとして派遣すると発表した。16日に渡米し、米アリゾナ州で行われるスプリング・トレーニングに参加する。

 大引氏は2013年から日本ハムに所属。14年に主将を務めた後、FA宣言してヤクルトへ移籍した。大引氏は「将来、指導者になるための教材として、指導方法や環境などを余すことなく学びたい」と意気込みを述べた。