サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌の選手会は8日、新型コロナウイルス感染症などの治療にあたる医療従事者への支援として、マスク計1万枚を道内の医療機関に寄贈すると発表した。

 道や札幌市などと相談し、マスクが不足している8カ所の病院に配布する。マスクは選手会費で購入した。選手会長のMF荒野拓馬(27)は「リスクがある中で戦っている皆さまに感謝しています。試合が再開しましたら、選手として皆さまに感動を与えたいと思っています」と、クラブを通じコメントした。(喜代吉健介)