プロ野球北海道日本ハムの選手が母の日の10日に合わせ、フラワーアレンジメント作りに挑戦した。新型コロナウイルス感染拡大で小中高校の休校が長引くなど、負担が増した母親たちへの感謝を込めた取り組み。制作する様子を同日午前10時から動画投稿サイト「ユーチューブ」内の球団公式チャンネルで配信する。

 手がけたのは、シーズン開幕に向けて札幌で自主練習を続ける中田翔、中島卓也、近藤健介、宮西尚生ら12選手。花を野球ボールに見立てて飾るなど色鮮やかに仕上げ、中田選手は「母親に面と向かって『ありがとう』と伝えるのは恥ずかしい。全国の子供たちも、心の中では感謝していると思います」と語った。(成川謙)