北海道コンサドーレ札幌は27日、Jクラブとリーグ再開前最後の練習試合を完全非公開で行った。対戦相手も、結果も非公表で、7月4日の横浜FC戦(神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場)に向け、厳戒態勢の下で行われた。MF金子拓郎(22)が取材に応じ、メンバー入りへの決意を口にした。

 45分×4本で行われたリーグ再開前最後の練習試合。1、2本目に90分間出場したルーキーの金子は「攻撃の部分はチャンスも多く作れていた。自分の持ち味であるドリブルや対人は課題も見つかったが、積極的にチャレンジできた」と試合を振り返った。<道新スポーツ6月28日掲載>