大相撲金沢場所、熱闘の舞台整う

大相撲金沢場所、熱闘の舞台整う

 大相撲金沢場所(北國新聞社主催、日本相撲協会共催)を翌日に控えた13日、会場となる金沢市総合体育館で土俵づくりが進められた。呼び出しと地元スタッフが土を突き固めて俵を配置し、熱闘の舞台を整えた。 呼び出しらは「タコ」と呼ばれる木製の道具を使って土を突き固めた後、直径4・55メートルの円周沿いに俵を埋め込んだ。客席の設営作業も進められた。土俵は夕方に完成し、関係者による土俵祭りが執り行われる。 金沢場所には輝(七尾市出身、高田川部屋、金沢市西南部中OB)をはじめ、白鵬、日馬富士、稀勢の里、鶴竜の4横綱や大関陣らが熱のこもった取組を繰り広げる。午前8時に開場し、取組のほか、公開稽古や握手会、横綱の綱締め実演なども行われる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北國新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索