石川の製造4社、若手社員が合同研修

石川の製造4社、若手社員が合同研修

 石川県内の製造業4社は14日、能美市の小松精練本社で若手社員研修を合同開催し、入社1〜3年目の社員24人がグループワークを通してキャリア形成を考えた。 オンワード技研(能美市)、小松精練(同)、小松電子(小松市)、高桑美術印刷(金沢市)が企画し、各社の若手が参加した。山本均金大就職支援室長が講師を務め、「10年後の働き方」をテーマに各自が考えを発表し合った。 参加者は私服で菓子などを持ち寄り、和やかな雰囲気の中で研修に取り組んだ。合同研修を発案した小松電子の宇於崎由梨さんは「ルールに縛られることなく、自由な発想で視野を広げてほしい」と話した。 最終回は12月9日に開かれる。就活中の学生に会社の魅力をどう発信するか話し合うほか、県とジョブカフェ石川の交流会で学生と意見交換する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北國新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索