ドカ雪急襲で県内大混乱 夜も雪と格闘、のろのろ運転続く

ドカ雪急襲で県内大混乱 夜も雪と格闘、のろのろ運転続く

 今冬最強の寒波による「ドカ雪」は、石川県内の各地で交通網を寸断した。北陸自動車道や幹線道路は通行止めが相次ぎ、終日のろのろ運転が続いた。除雪の追い付かない道路では、立ち往生する車が続出した。列車のダイヤが乱れ、JR金沢駅は足止めを食らった利用客で混雑した。24時間で40センチ超の雪が積もった金沢では、夜に入っても雪との格闘が続いた。 金沢市内では至る所で車が雪にはまって動けなくなり、エンジンをうならせ、数人がかりで押し出す光景が見られた。市中心部の有料駐車場は多くが雪に覆われ、ドライバーが右往左往した。 警察や消防にはスリップ事故などの通報が後を絶たなかった。金沢市諸江町下丁の北陸鉄道浅野川線では、乗用車が線路内で動けなくなり、電車が車の約10メートル手前で緊急停止した。けが人はいなかった。運転手の男性は雪で道路と線路の境界が分からず、誤って線路に進入したとみられる。 JR金沢駅の窓口には、切符の変更や払い戻しを求める乗客が列をつくった。北陸新幹線はスプリンクラーなどの雪対策が重点的に講じられていたため、平常通り運行した。 金沢市は戸室新保埋立場隣接地に12日午後1時から、犀川右岸の大豆田大橋詰めに同午後3時からそれぞれ排雪場を開設した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北國新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索