小中610人、札取りに熱 高岡で越中万葉かるた大会

小中610人、札取りに熱 高岡で越中万葉かるた大会

 「同時にかるたを行う最多人数」でギネス世界記録に認定された、高岡古城ライオンズクラブ(LC)の第39回越中万葉かるた大会は14日、高岡市のUホールで開かれ、市内小中学校と富大附属中の計18校610人が真剣に札を取り合った。 参加者は4人一組で、赤い毛氈(もうせん)の上に並べた取り札を挟んで向かい合い、勢いよくかるたに手を伸ばした。万葉衣装をまとった教員が句を朗々と詠みあげた。一般参加者もかるたを楽しんだ。 開会式で高岡古城LCの鷲山浩一会長が開会宣言し、磯部賢県生活環境文化部長、高橋正樹市長が祝辞を述べた。牧野小6年の堀尾曜亮君、今枝郁さんが宣誓した。 越中万葉かるたは1979年、高岡古城LCが、万葉集から大伴家持の歌を中心に、越中が舞台の100首を選出し作成した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北國新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索