ホタルの里保全の願い、歌に込め 羽咋・結の会制作 邑知まちづくり推進協にCD

ホタルの里保全の願い、歌に込め 羽咋・結の会制作 邑知まちづくり推進協にCD

 羽咋市の市民団体「沙(さ)羅(ら)園結(ゆい)の会」は、ホタルの名所である同市邑知地区を歌った「ありがとうホタルさん」を作った。幻想的な光景を広げるホタルに感謝の気持ちを込めながら、同地区の魅力を表現している。自然豊かな環境保全に取り組む邑知地区まちづくり推進協議会に歌を収録したCDを寄贈し、末永く「ホタルの里」が守られるよう願った。 「結の会」代表の金井俊一さん(73)=羽咋市千里浜町=が、昨年6月に邑知地区まちづくり推進協議会が開催したホタル観賞会に参加した際、ホタルの光に感銘を受けて歌にしようと思い立った。知人の大竹敏雄さん(津幡町)に作詞、同じく知人の滝ひろしさん(野々市市)に作曲を依頼した。 歌詞は「ゆらりゆらり揺れるあかり 飛び交うホタルたち」や「ここは羽咋 邑知川 きれいな水辺」といった情景を紹介し、最後に「闇に動く金の粒を いっぱいありがとう」「夢のようなひとときを ほんとにありがとう」とつづっている。ゆったりとした親しみやすい曲調になった。 邑知地区まちづくり推進協議会は毎年、6月下旬までホタルが生息する川辺の雑草を刈り取らないよう、住民に働き掛けている。同地区の貴重な自然環境とホタルを多くの人に知ってもらうため、毎年、ホタル観賞会も開催している。 今年の観賞会が開かれた9日、金井さんが邑知公民館を訪れ、協議会の深見正二会長にCDを手渡した。金井さんは「歌を聴いた人が邑知の自然とホタルに関心を持ってくれるとうれしい」と話している。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北國新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索