漂着ごみ集める 大雨影響の高岡・雨晴海岸

漂着ごみ集める 大雨影響の高岡・雨晴海岸

 大雨の影響で、大量の流木などが打ち上げられた高岡市太田の景勝地「雨晴海岸」の松太枝浜(まつだえはま)海水浴場で11日、市が重機2台を使って漂着ごみを集めた。 市職員4人が松太枝浜キャンプ場前の約400メートル区間で漂着した雑木や枝、プラスチックのごみを数カ所に分けて集めた。太田雨晴観光協会常任理事の松岡俊実さん(76)は「海中には大量の雑木が漂っており、住民の力では限界がある。市の支援が必要」と話した。 市環境サービス課は今後もごみの漂着は続くとみており、随時作業を行う。 豪雨による神通川の増水で、約100メートルにわたり削られた富山市葛原の堤防の復旧工事が11日、完了した。 国土交通省富山河川国道事務所によると、工事は6日夜に始まり、コンクリートブロックや石を積めた袋を並べ、土砂約2200立方メートルを盛った。24時間体制で作業に当たり、延べ385人を動員した。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北國新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

富山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索