カローリング指導者増やせ 資格取得へ砺波で講習会

カローリング指導者増やせ 資格取得へ砺波で講習会

 砺波市カローリング協会による公認指導員(B・C級)資格取得講習会(富山新聞社後援)は12日、同市幸町の砺波体育センターで開かれ、砺波、南砺、高岡市内の50人が審判員や指導者としての技量向上を図った。 地域の大会で審判員ができるC級と、指導および審判員を務めることができるB級の資格取得を目指す愛好者が参加した。 C級の参加者はスコアカードの記入方法や競技ルールを再確認し、B級の参加者は規定の寸法に合わせたコートづくりなどに当たった。試合形式での実技講習も行われた。 同協会の関邦弘理事長は「指導のできる人材を一人でも増やし、競技の普及にもつなげたい」と話した。同協会の但田清重副会長、県カローリング協会の髙田洋理事長があいさつした。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北國新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

富山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索