「時鐘」【北國新聞】

きょうのコラム『時鐘』2017/10/2303:07緑(みどり)のコーナー。声援(せいえん)を受(う)けるのは「希望(きぼう)の党(とう)」。第(だい)1ラウンド、勢(いきお)いよく王者(おうじゃ)に挑(いど)んだが、試合開始直後(しあいかいしちょくご)に自(みずか)らスリップダウンこれも「ガラスの天井(てんじょう)」と言(い)うのだろうか。序盤戦(じょばんせん)、小池百合子(こいけゆりこ)代表(だいひょう)は女性(じょせい)の指導者(しどうしゃ)として破竹(はちく)の勢いだった。強烈(きょうれつ)パンチが王者に届(とど)きそうだとだれもが見(み)ていた。が、突然(とつぜん)失速(しっそく)する。米大統領(べいだいとうりょう)選挙(せんきょ)で見た女性候補(こうほ)の敗北(はいぼく)を思(おも)いだす「ガラスの天井」の正体(しょうたい)は男社会(おとこしゃかい)だと言われる。ある程度(ていど)までは女性の上昇(じょうしょう)を許(ゆる)すが、それ以上(いじょう)になりそうだと叩(たた)く。終盤戦(しゅうばんせん)。挑戦者(ちょうせんしゃ)の焦(あせ)りとは対照的(たいしょうてき)にチャンピオンの安定(あんてい)した戦(たたか)いぶりが目立(めだ)った。ヤジにも冷静(れいせい)。淡々(たんたん)といつもの戦いぶりで勝利(しょうり)を手(て)にしていた日本(にほん)の課題(かだい)が明確(めいかく)だったことも与党(よとう)勝利の背景(はいけい)にあったと見る。当面(とうめん)、首相(しゅしょう)がやるべきことは1に北朝鮮対応(きたちょうせんたいおう)。2に経済問題(けいざいもんだい)。3に天皇退位(てんのうたいい)と改元(かいげん)。ただし、総裁(そうさい)3選(せん)の壁(かべ)を越(こ)える前提(ぜんてい)がある。楽(らく)ではないが「ガラスの天井」ほど見えない壁ではない「台風(たいふう)の目(め)」となるべき人(ひと)が日本を留守(るす)にした開票日(かいひょうび)、本物(ほんもの)の超大型(ちょうおおがた)台風が襲(おそ)った。災害列島(さいがいれっとう)を象徴(しょうちょう)する2017年総選挙(そうせんきょ)だった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北國新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索