富富富、手軽に購入 東京に自販機

富富富、手軽に購入 東京に自販機

 富富富の本格販売に伴い、富山県は11日、東京メトロ大手町駅に富富富などを扱うご当地自動販売機を設置した。1袋300グラム(2合分)が500円で販売され、帰宅途中の会社員らが買い求めた。 大手町駅は複数の路線の乗換駅となっており、1日平均約33万9千人が利用している。東西線中央改札付近に置かれた自販機では、富富富以外にもラーメンや菓子類、カレー、麦茶、ケロリングッズなど多くの県産品が売られた。 視察に訪れた石井隆一知事は500円玉を入れて1袋を購入し「手軽に買えてなかなかいい」と満足げに語った。 羽田空港では12日から、第2ターミナルビル2階に自販機が置かれる。いずれも設置期間は今年度末までで、県は状況などを見極めて継続を検討する。県は北陸新幹線開業後の2015年8月から1年半、有楽町や東京駅などに同様の自販機を設置したことがある。 富富富の自販機は今年1月1日付富山新聞の新春鼎(てい)談(だん)で、県出身の女優室井滋さんが石井知事に提案した経緯がある。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北國新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

富山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索