小矢部市の北蟹谷地域活性化協議会は、地元・北蟹谷地区の野菜などを生かした鍋メニューを考案している。ハクサイやネギ、サトイモなどをふんだんに盛り込み、ニンニクやトウガラシで体を温める「小矢部づくし」の一品とする。 小矢部ブランド認定委員会の谷本亙委員長が「北蟹谷でおいしい鍋を作る食材が全てそろう」と思い立ち、同協議会に協力を要請した。「冬の北蟹谷」のPRにもつながると考え、「小矢部メルヘンポーク」や北蟹谷地区のシイタケや豆腐なども加えた鍋メニューを用意した。 14日は、同市末友の「村の駅きたかんだの郷」内にある居酒屋「北酒場」で試食が行われた。同協議会の松本信明会長は「冬にぴったりな味わい。ユズの香りが高く、地元の農産物を多く使うことができる」と話した。 今後、会員の間で意見を出し合って詳細を詰め、地域の目玉メニューとなるよう磨き上げる。将来的には「北酒場」で取り扱い、鍋の具材を詰め合わせて宅配することも検討する。 谷本委員長は「次の『小矢部ブランド』を担う食材が生まれることにも期待している。会員の手でメニューをどんどん改良してほしい」と話した。