KDDI北陸総支社の「ミニオープンラボ」は15日、金沢市の同支社で開かれ、第5世代(5G)移動通信システムを活用し、さまざまな角度からスポーツ観戦を楽しめるVR装置など最先端の研究成果が披露された。 同社は、KDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)で5GやIoT(モノのインターネット)を使った次世代技術の創出に取り組んでいる。会場では、災害時に孤立した地域で携帯電話などを使うためのドローン基地局や、ブイにセンサーを取り付けて漁獲量予測を行う「スマート漁業」の取り組みが紹介された。 ミニオープンラボは次世代技術を知ってもらうため地方で初めて開催された。