県の「ひゃくまんさん小唄」発表会は16日、野々市市新庄3丁目のほのみこども園で開かれ、3〜5歳児73人が県マスコットキャラクター「ひゃくまんさん」と一緒に踊りを楽しんだ。 同園職員が「石川県には素敵なお着物や茶わんがあります」と九谷焼や加賀友禅について説明した後、園児が元気よく踊り、練習の成果を示した。園児代表がひゃくまんさんから「じょうずにおどれたで賞」の表彰状を受け取り、笑顔を見せた。