富山駅の南北を走る路面電車の軌道を駅高架下でつなぎ、直通運転を行う「路面電車南北接続」が21日、開業する。駅構内に整備された南北自由通路で20日、開通式と発車式、南北自由通路の完成式が行われ、関係者約150人が富山市内の南北の交流活性化や観光振興に期待を寄せた。記念乗車では、これまで駅北側を走行していた車両「ポートラム」などが駅南側の環状線を一周した。 南北接続によって、約15キロに及ぶ次世代型路面電車(LRT)ネットワークが形成され、富山駅で乗り換えせず路面電車で南北を往来できるようになる。 富山市の森雅志市長は開通式のあいさつで、1908(明治41)年に富山駅が現在地で開業して以来、鉄路によって分断されていた市街地が一体化される意義を強調し、「コンパクトなまちづくりの大きな到達点。富山市民100年の夢が実現する」と述べた。 赤羽一嘉国土交通相の祝辞の後、石井隆一知事らが加わってテープカットとくす玉割りをした。 発車式では、運行主体である富山地方鉄道(富山市)の辻川徹社長が南北接続後も運賃を上げなかったことに触れ、「便利さを実感してもらいながら、多くの人に利用してほしい」とあいさつした。 富山市出身で特別副市長の女優柴田理恵さんが運転士に花束を贈った後、関係者がポートラムなど2台に乗って環状線を巡った。 南北接続は駅南を走っていた富山地鉄の路面電車の軌道と、駅北を走っていた旧富山ライトレール(2月に富山地鉄と合併)の軌道をつなぐ富山市の事業。駅南の軌道約160メートルが2015年3月の北陸新幹線開業に合わせて駅高架下まで延伸された後、駅北の軌道約90メートルの延伸工事によって軌道がつながった。 富山市は06年4月、全国初の本格的LRTとなる「富山ライトレール」を開業し、09年12月には市内電車環状線を開業し、公共交通を軸としたコンパクトなまちづくりを進めてきた。 21日は始発から南北直通運転が始まり、オーバード・ホールで記念式典が行われる。