観桜期に向け、小松市芦城公園で24日、ぼんぼりの設置作業が始まり、市の委託業者が園内につるされた電球にかさをかぶせた。27日から560個を点灯させる。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、市は5人超の団体に対しては宴会自粛を求めるが、少人数での花見は認める。 市によると、4・3ヘクタールの園内にはソメイヨシノや八重桜など約130本が植えられている。最も早い開花で25日ごろ、満開は31日ごろを見込み、いずれも平年より1週間ほど早くなるという。ライトアップは4月5日まで、午後6〜8時に行う。