第76回現代美術展(一般財団法人石川県美術文化協会、北國新聞社など主催)の入賞者は24日発表され、美術文化大賞(副賞200万円)は中田博士さん(40)=小松市高堂町=の工芸「真珠光彩(しんじゅこうさい)壺(つぼ)」に決まった。 大賞に次ぐ、美術文化準大賞(同80万円)は、飯田昌史さん(60)=七尾市本府中町=の彫刻「殻(から)●」だった。 中田さんの作品は、造形の美しさに加え、釉薬の使い方など高い技術力、飯田さんの受賞作は、粘土が持つ素朴さを生かし、内面性を表現したことが評価された。 現代美術展の会期は、27日〜4月13日。県立美術館で洋画、工芸、写真、金沢21世紀美術館で日本画、彫刻、書を展示する。●はローマ数字12