氷見市北大町のひみ番屋街の「総湯」に飾られている大型のキルト作品2点が26日、新作に掛け替えられた。着物や海越しの立山連峰が表現された作品が入浴客を楽しませている。 キルト作家で和裁縫製業ラポージェ(同市泉)会長の白石末子さんの作品で、1年ごとに取り換え、階段踊り場の壁に飾られている。 色鮮やかな着物3枚を重ねた図柄の「三連符」(縦250センチ、横208センチ)と、「薔薇園よりの海越しの立山連峰」(縦190センチ、横190センチ)の2点で、愛知県の中部国際空港に1年間飾られていた。