富山市の大手モールで28日、地元商店街などによる定期市「越中大手市場」が3カ月ぶりに開かれた。25店舗が多彩なブースを出し、家族連れらでにぎわった。 4、5月は新型コロナウイルスの影響で中止となった。今回は臨時手洗い場やアルコール消毒液を設置するなど対策を徹底して再開した。 手作り雑貨や有機野菜の販売、カレーやサンドイッチ、コーヒーなど飲食のブースが並び、訪れた親子らが久しぶりの市で買い物や軽食を楽しんだ。 越中大手市場は、例年3〜12月に毎月1回開催している。