加積りんご品質向上対策協議会(魚津市)のロボット草刈機実演会は29日、同市の県果樹研究センター内のリンゴ畑で開かれた。同協議会に所属する農家約30人が実演を見学し、省力化を図るための参考にした。 ロボット草刈機は、農機具製造販売の和同産業(岩手県)が開発し、障害物に当たると自動で向きを変えたり、ステーションに戻って自動的に充電したりといった機能を備えている。これを導入すれば、農家が2カ月に1回程度、乗用草刈機などを用いて実施している作業を無人化することができる。 この日は、同社の担当者が実際にロボット草刈機を動かしながら、機能を説明した。同協議会の富居俊成会長(51)は「草刈りの時間を別の作業に充てられ、危険性も減らすことができる」と評価し、導入へ検討を進める考えを示した。