小矢部市観光協会は30日、市民や観光客が無料で利用できる貸し傘サービス「おやべまちなかパラソル」を開始する。市と共同制作した2種類のデザインの傘を市内の公共施設に計100本配置し、雨や雪の日でも気軽にまち歩きを楽しんでもらう。 29日の定例記者会見で桜井森夫市長が概要を説明した。市のシンボルキャラクターのメルギューくん、メルモモちゃんを取り上げた2種類の傘を計100本を作った。 市役所、石動駅観光案内所、駅前商工会ビル「MELL BILL(める・びる)」、市総合会館、市商工会館、津沢あんどんふれあい会館、倶利伽羅源平の郷埴生口の7施設に傘を10〜15本程度配置。借りた傘はどこでも返還できる。 市議会3月定例会で市議から提案があった。石動駅周辺整備事業が7月に完了するため、駅から中心市街地への人の流れを誘導する施策を重視する。今後は子ども用の傘や企業が協賛した傘の導入も検討する。