5日に川北まつり、北國大花火 大かがり火堂々46メートル

5日に川北まつり、北國大花火 大かがり火堂々46メートル

 5日に開催される第32回川北まつり(同実行委員会主催、本社共催)に向け、川北町の手取川簡易グラウンドで2日、まつりのシンボルとなる「大かがり火」が設置され、高さ46メートルの威容を示した。
 町商工会員や地元区長らが木材や竹を巻き付けた鋼管3本をクレーンでつり上げ、約6時間かけて大かがり火を組み立てた。
 まつり当日は大かがり火が火柱を上げ、北陸最大級の2万発を打ち上げる北國大花火川北大会(本社主催)とともに夜空を彩る。
 2日は、まつり会場の同グラウンドで安全祈願祭も営まれた。前哲雄町長、山先守夫町議会議長、実行委員長の小野島政孝町商工会長らが玉串をささげ、成功を祈った。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

関連記事

おすすめ情報

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索