観光名所に迫力の造形 宇奈月温泉

観光名所に迫力の造形 宇奈月温泉

 黒部市の造形作家、清河北斗さんの立体造形作品が3日、同市宇奈月温泉の総湯「湯めどころ宇奈月」など観光拠点3カ所にお目見えした。訪れた人が迫力あふれる作品に見入ったり、写真に収めたりした。31日まで。

 黒部川開発100年を記念して、黒部・宇奈月温泉開発100年事業実行委員会(中谷延之委員長)が作品展示を企画した。宇奈月温泉街の新たな写真撮影スポットとして、観光客に楽しんでもらう。

 総湯「湯めどころ宇奈月」では1階の観光案内所前に、オートバイと動物が融合したような「獣駆輪 肉食式速攻型」(全長320センチ、幅80センチ、高さ173センチ)を展示。富山市長附(大沢野)から家族で訪れた坂本弘美さん(44)は「大きくてインパクトのある作品に驚いた。旅行の思い出として写真に収めたい」と話した。このほか宇奈月国際会館セレネと、尾の沼体験交流施設「とちの湯」でも作品が展示された。

 19日からは黒部川開発100年を記念し、清河さんがトロッコ電車をモチーフに新たに制作した作品が黒部峡谷鉄道宇奈月駅内に展示される。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

関連記事

おすすめ情報

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

富山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索