大地の芸術祭の里 子ども向け企画人気 十日町・津南

大地の芸術祭の里 子ども向け企画人気 十日町・津南

 十日町市と津南町を舞台にしたアートイベント「大地の芸術祭の里 越後妻有2017夏」が5日、開幕した。山や水をテーマとしたプログラムが親子連れらの人気を集めている。

 「大地の芸術祭の里」は、3年に1度の「大地の芸術祭」の開催年ではない年も地域の魅力をPRしようと、季節ごとに企画されている。夏休みに入った子ども向けのプログラムとして、十日町市松代のまつだい農舞台では「山あそび博覧会」、同市本町6のキナーレでは「水あそび博覧会」がそれぞれ行われている。

 「山あそび−」では、7メートルほどの空中遊泳が楽しめるハイパージャンパーや、ボルダリングが登場。ハイパージャンパーに挑戦した市内の小学1年男子児童(6)は「遠くの方まで見ることができて楽しかった」と声を弾ませた。

 このほか、来年開催される「大地の芸術祭」向けの新作の先行公開や、空き家・廃校作品の限定公開など、多彩なイベントが各地で繰り広げられる。

 芸術祭の里は20日まで。ただ「山あそび−」は9月24日まで、「水あそび−」は9月3日までとプログラムによっては期間が異なる。問い合わせは「大地の芸術祭の里」総合案内所、025(761)7767。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

関連記事

おすすめ情報

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

新潟 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索