ギンナン初収穫、天日で白く 能登町の農園

ギンナン初収穫、天日で白く 能登町の農園

 能登町国重のギンナン農場「松本農園」で11日、生産者が今季初めて収穫したギンナンを天日で干し、出荷を心待ちにした。
 同農園は約4万平方メートルで、約1千本のイチョウが植えられている。松本光雄代表(84)が収穫したギンナンの果肉を取り除き、高さ約80センチの天日干し台の上に並べた。薄だいだい色の殻が日差しと風で乾くと白くなる。14日にギンナン約150キロを金沢市中央卸売市場に出荷する。
 松本さんによると、今年は実の数が例年より多い。収穫は10月下旬に最盛期を迎え、11月中旬まで続く。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

関連記事

おすすめ情報

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索