プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの石川ミリオンスターズは24日、金沢市民野球場で金沢星稜大と今季最初の実戦となる練習試合を行い、5―2で勝利を収めた。
 石川は初回、先頭の荒谷勇己が中前打、続く荒川顕人が四球、キムが送りバントを決め、2死後、小林恵大の右前打で2点を先行した。
 四回に失策から同点とされたが、五回に先頭の荒谷が中前打して二盗、荒川左前打の無死一、三塁からキムの中犠飛で勝ち越し、今村春輝の左中間二塁打と金山開の中前打で2点を加えた。
 先発マウンドに立った野口稔陽は6回を投げて被安打5、与四球3、奪三振2、失点2とピリッとしなかったが、七回以降、永水豪、三宅勇毅、横山雅弘の継投で星稜大打線を零封した。
 石川は25日午後1時から金沢市民野球場で行われるBCリーグのオープン戦で富山GRNサンダーバーズと対戦する。新型コロナウイルス感染防止のため、練習試合と同じく無観客試合となる。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】