大型連休が本格的にスタートした29日、県内の行楽地や観光施設は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で臨時休業し、閑散とした光景が広がった。

 砺波チューリップ公園では「となみチューリップフェア」が中止となり、5月31日まで閉鎖が続く。21万本の大花壇は今が満開。人影のない園内で「2021まってるよ」の花文字が目を引いた。

 例年はゴールデンウイークが書き入れ時となる立山黒部アルペンルートは、5月10日まで営業を休止。南砺市五箇山地域の相倉、菅沼の両合掌造り集落も5月2〜6日に観光客を対象に閉鎖される。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】