佐渡金銀山に関連する遺産の北沢浮遊選鉱場跡(新潟県佐渡市相川北沢町)でライトアップが始まった。7月下旬までは青い光で、新型コロナウイルス対策に携わる医療従事者への感謝を表す。

 観光地としての魅力アップと世界遺産登録実現に向けた機運醸成を図るため、毎年実施し5年目。今年は浮遊選鉱場に加え、同じ敷地内の50メートルシックナーもライトアップする。

 7月24日までは、医療従事者への感謝を込め、青い色を中心にした約6分間のプログラムで遺構を照らす。25日以降は四季に合せた色で実施する。市観光振興課は「外出自粛に協力いただいた市民への感謝も込めている」とした。

 来年2月28日まで。午後7〜10時(10月からは午後5〜10時)。問い合わせは同課、0259(67)7633。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】