穴水町の放課後児童クラブ「おひさまくらぶ」の1年生3人が30日、同町さわやか交流館プルートを訪れ、願い事をしたためた35人分の短冊を七夕飾りに取り付けた。
 「トランポリンの選手になりたい」「せかいじゅうのころながきえるように」などと願いがつづられている。同館職員が書いた「疫病退散」や妖怪「アマビエ」の絵も飾られた。10日ごろまで玄関前に展示される。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】