新潟市中央区の万代シテイバスセンターから近接する万代シルバーホテルに臨時移転中の立ち食い店「万代そば」が、4日から土日祝日の開店時間を1時間早め、午前10時オープンとなる。人気メニューの「バスセンターのカレー」目当ての客がホテル内で列を作っているためで、運営するシルバーホテル(同区)は「利用客を分散させ混雑を回避したい」としている。

 万代そばは入居しているバスセンタービルの改修工事に伴い、9月上旬までホテルの宴会場を会場にカレーライスのみで臨時営業している。開店時間は3時間遅らせ、午前11時〜午後7時に営業を短縮。収容人数も約25人に制限した。

 ランチ客の多い休日には約500人が来店し、宴会場前の通路に行列ができるほどに。同社では新型コロナウイルス対策を兼ねて、土日祝日(お盆の8月11日〜14日を含む)は開店時間を早めることにした。同社は「昼は待ち時間が長くなっている。持ち帰りもできるので活用してほしい」としている。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】