福井県福井市照手4丁目の湊八幡神社に風鈴約160個がお目見えした。新型コロナ収束などの願いが書かれた短冊がつるされており、風で短冊が揺れるたび、涼やかな音が響いている。

 風鈴は地元の企業が6月に寄贈したもので、今月1日に拝殿に取り付けた木枠からつるした。

 風鈴の短冊には西部、湊の両保育園児が書いた願い事が記されている。コロナ収束の願いや豪雨からの復興を祈る言葉もある。

 拝殿の窓から風が吹き込むたびに短冊がなびき、風鈴が音を響かせている。今月いっぱい設置されている。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】