トキのデザインでおなじみの佐渡乳業(新潟県佐渡市)の牛乳パックを模した「佐渡牛乳カステラ」が、佐渡汽船両津港ターミナル(両津湊)やカーフェリーの船内などで先月から販売されている。生乳に近い風味が特長の同社の牛乳を使い、味はしっとり濃厚。観光客らのお土産として早くも人気となっている。

 アイスの「もも太郎」風味のカステラなど、新潟県のご当地商品とコラボレーションしたスイーツを製造するしばうま本舗(聖籠町)と協力して企画。8切れ分のカステラを1リットルの牛乳パックとほぼ同じデザインのパッケージに納めた。

 佐渡乳業の池野一昭専務(57)は「新型コロナウイルスの影響による臨時休校や観光客減少で、牛乳の消費は落ち込んでいた。回復につながるといい」と期待している。

 970円。他に新潟港ターミナル(新潟市中央区)や同町のしばうま本舗直売所でも販売している。問い合わせは同社、0254(20)8115。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】