新潟市中央区の市水族館マリンピア日本海は、飼育するカマイルカの出産に伴い中止していたイルカショーを17日再開した。ショーは、母子イルカのケアに集中するため3日から中止したが、4日に生まれた子イルカの泳ぎがしっかりしてくるなど状態が安定したことから再開した。

 17日のショーでは、5頭のイルカが2週間ぶりに息の合ったジャンプを見せ、観客からは歓声が上がった。胎内市から親子で来た小学1年の児童(6)は「水がかかって楽しかった」と話した。

 イルカショーは平日と土曜は1日4回、日曜・祝日は5回の開催に戻る。

 母子イルカのいる屋内プールは引き続き閉鎖しているが、1〜2週間をめどに母子を一般公開する予定。現在は館内の入り口付近で、出産時の母子イルカの動画を見ることができる。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】