19日から始まるライトアップイベント「金沢城・兼六園四季物語長月の段」(北國新聞社後援)の試験点灯が18日夜、兼六園で行われた。秋雨にぬれた園内にほのかな明かりがともり、幻想的な雰囲気を醸し出した。
 19〜21日の午後6時半から8時45分まで点灯する。金沢城公園鶴の丸休憩館横の芝生広場では、3日間とも同7時からイブニングライブを開き、日替わりでバイオリン奏者やソプラノ歌手らが出演する。雨天の場合は河北門で実施する。いずれも入園無料。
 18日の最高気温は9月に入ってから初めて県内全11観測地点で25度を下回った。金沢地方気象台によると、19日からの4連休中は気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、日中の最高気温は平年並みかやや高くなる見込み。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】