小矢部市は稲葉山中腹の同市田川の道沿いに休憩用のテーブルとベンチ、自転車スタンドを新設した。

 近年、稲葉山をサイクリングやハイキングに訪れる人が増えており、稲葉山牧場や山頂までの行き帰りに眺めを楽しみながらひと休みしてもらおうと設けた。

 砺波平野や五箇山方面の山々などが一望できる。テーブルは長さ180センチ、幅93センチ、高さ70センチの1台で、長さ180センチのベンチが2台ある。自転車スタンドを含め事業費は99万円。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】