日本一の落差約350メートルを誇る称名滝(立山町芦峅寺)の紅葉が見頃を迎えている。雲と滝の白さが、赤や黄色に染まる鮮やかな岩肌を際立たせる。訪れた観光客は錦秋の渓谷に見入っていた。近くの「レストハウス称名」によると、今月末まで楽しめる。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】