レゴブロックで27カ国の世界遺産再現 「全部がすごい」

レゴブロックで27カ国の世界遺産再現 「全部がすごい」

 組み立て玩具の「レゴブロック」で国内外の世界遺産を再現した特別展(実行委員会など主催)が18日、新潟市中央区の県立自然科学館で始まった。内覧会が17日に開かれ、多くの親子連れが約45万個のブロックを使った作品の数々に見入った。

 会場には日本の姫路城や厳島神社、フランスのエッフェル塔、スペインのサグラダ・ファミリア、中国の万里の長城など、27カ国にある42の世界遺産が並んでいる。

 子どもたちは「すごい」と声を上げたり、作品を写真に撮ったりと大興奮。実物のように傾くイタリアのピサの斜塔など、本格的な作品に見入る大人もいた。来場者が「未来に残したい新潟の宝物」をブロックで作るコーナーも用意されている。

 新潟市中央区の小学2年(8)は「こんなにいっぱいレゴが使われているのは初めて見た。全部がすごくて一番が選べない」と目を輝かせた。

 5月7日まで。一般600円、小中学生400円。入館料が別途必要。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

05時00分更新

新潟のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索