20日、新型コロナウイルスへの感染が確認された尾道市の男性について、家族ら9人が陰性だったことが確認されました。

20日、広島県内で2例目の感染が確認されたのは、尾道市に住む40代の男性会社員で、県は男性の妻と子ども2人について、濃厚接触者としてPCR検査を行いましたが、いずれも陰性だったということです。また、男性会社員は健康状態に変化はなく、回復に向かっているということです。
一方、男性会社員とともにフィリピンへ出張した4人と帰国後接触した会社の同僚ら13人のうち県内に住む6人についても検査が行われ、全員が陰性だったことが明らかになりました。
県によりますと残りの11人についても今後検査を行う予定にしているということです。