新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、マツダが本社工場などを休止して生産調整を行うことを明らかにしました。

稼働を停止するのは本社工場と山口県の防府工場で今月28日から来月30日までの間で、13日間を完全休止に、8日間を昼のみの稼働にする計画です。

今回の生産調整は新型コロナウイルスの世界的な拡大で自動車の販売が急激に落ち込んでいることや、部品の調達が難しくなっていることが理由です。

またメキシコやタイの生産拠点でもおよそ10日間の生産休止を予定していて、国内と合わせておよそ6万台の減産となります。

マツダでは日本と中国での車の販売は継続するものの感染が拡大している欧州やアメリカでは各国政府の方針に適切に対応していくとしています。