32人が亡くなった「6.29豪雨災害」から21年です。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で例年とは違った追悼の場となっています。

10人が亡くなった広島市佐伯区河内地区では、朝から住民らが訪れ、慰霊碑へ手を合わせました。毎年この時期に追悼式を行っていますが、今年は新型コロナの影響で11月に延期されました。

21年前の6月29日、県内各地で土石流などが発生し32人が死亡、255棟の住宅が全半壊しました。河内地区自主防災会連合会の杉田精司会長は「この日を我々河内住民は決して忘れてはいけないと強い思いをもっております」と話します。

河内地区では延期した追悼式で、1年かけて制作した被災当時の映像などを集めた記録を放映する予定ということです。