広島市中区の交差点でキックボードに乗っていた男性をはねてけがをさせ、そのまま逃走した疑いで43歳の男が逮捕されました。

山口市の会社員 朝重好彦容疑者(43)は11月21日午前0時20分ごろ、広島市中区富士見町の交差点で、右折する際にキックボードで横断歩道を渡っていた男性(33)をはねてけがをさせ、そのまま逃走した疑いがもたれています。
はねられた男性は左足の骨を折るなど重傷です。
警察によりますと目撃者の証言などから朝重容疑者の特定に至ったということです。
朝重容疑者は調べに対し「間違いない」と容疑を認めているということで、警察は逃げた動機など詳しく調べています。