第100回全国高校野球茨城大会2回戦 常総学院、明秀日立など順当勝ち

第100回全国高校野球選手権茨城大会第5日は12日、ノーブルホーム水戸など6球場で12試合が行われた。この日はAシード校が登場し、常総学院、明秀日立、水戸商はいずれも五回コールドで順当勝ち。霞ケ浦は6-2で鬼怒商を退けた。このほか小瀬は4-2で波崎柳川の追い上げを振り切り、水戸葵陵は下妻二との接戦を制し、多賀も水戸工に競り勝った。常磐大高、東洋大牛久、下館工、総和工はコールド勝ち。清真学園は那珂を下して3回戦に勝ち進んだ。
 第6日は13日、同球場など6球場で2回戦12試合が行われる。
 ■12日の勝敗 ▽2回戦 常総学院 10-0 佐竹 総和工 10-3 江戸崎総合 下館工 8-0 大子清流 水戸商 11-0 緑岡 清真学園 7-3 那珂 東洋大牛久 19-1 古河二 明秀日立 18-0 岩瀬日大 常磐大高 17-0 笠間 水戸葵陵 7-6 下妻二 霞ケ浦 6-2 鬼怒商 多賀 5-4 水戸工 小瀬 4-2 波崎柳川


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

茨城新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

茨城 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索