茨城県は12日、宇宙ビジネスを支援する県の委託事業として、ベンチャー企業のASTROCEAN(アストロオーシャン、東京)が16日に本県沖で予定していた小型ロケットの洋上打ち上げを延期すると発表した。打ち上げに使う船を提供する船会社の都合によるもので、22日か23日で調整している。

筑波大の学生団体が制作した全長2・8メートル、重さ14キロの小型ロケットを船上から沖に向かって打ち上げる予定で、目標到達高度は約5キロ。