「茨城百景」の一つ、水戸市六反田の六地蔵寺で22日、シダレザクラが満開となり、降り注ぐように咲く花が、境内に華やぎを添えている。

シダレザクラは本堂の前にあり、徳川光圀ゆかりの木。樹齢は約200年を誇る。しなやかに伸びる枝には淡紅色の花が連なり、お宮参りに来た家族連れが、子どもを抱きかかえ、サクラと一緒に記念撮影していた。

同市常澄から来た木口友未奈さん(26)は「ここのシダレザクラは迫力があって好き。天気が良くて薄ピンク色の花がきれい」と笑顔を見せた。同寺によると、例年より2週間ほど早く満開になったという。見頃は週末ごろまで。 (菊地克仁)