茨城県は27日夜、同県内で豚熱(CSF)に感染した野生イノシシが初めて確認されたと発表した。

県によると、イノシシは雄の幼獣で、取手市内の河川敷で死んでいるのが25日午後に発見され、その後の遺伝子解析の結果、CSF陽性が判明した。

県は発見場所を消毒した。同県内の養豚場ではCSFワクチンの初回全頭接種が既に終了しており、監視対象となる、今回の発見場所から半径10キロ以内にも養豚場はないという。